横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

遺品整理の作業当日現場って立会いは必要なの?

少子高齢化が加速している昨今、遺品整理の需要もまた増えており、同時にどういうサービスがあるのかという疑問も色々出て来る様になってきました。遺品整理の当日に現場に立会いが必要であるのかといった疑問もその1つです。

そこで今回は、遺品整理についての基本と、現場立会い関連の確認事項について3ポイント程述べて行く事とします。

そもそも遺品整理とは何ですか?

遺品整理とは自分の身内が他界した際に、残った家財を整理する事を言います。生前に整理をしている人も多いのですが、場合によっては急な事で何処に何があるのか分からない様なケースもあります。

単に散らかっているだけでなく、大規模な清掃や修復が必要である様なケースも多く、個人でやるのには難しい事も少なくありません。現在日本は少子高齢化が加速しており、横須賀においてもこの事は大きい問題になってきています。

そこで、遺品整理業者へ依頼するという選択肢が出て来ます。重要な品物や重要書類の捜索から、不用品の処分、家屋の清掃までプロの技術で行ってくれますので、身内だけで行うよりもずっと早い片付けが可能です。

業者によるサービスの違いもあり、横須賀においてもそれは例外ではありませんので、申し込む前にある程度調べていく事が必須となります。またゴミ屋敷状態になってしまっている等、特殊な事情があっても相談に乗ってくれる会社も多いですので、途方に暮れている様な場合には相談してみるのも1つです。

無料見積もりをやっている会社もありますので、2つか3つ程度にお願いしつつ、資料を取り寄せた上で比較検討して、1番条件が良い所に依頼するのがコツとなります。注意点としては、1度依頼した場合のキャンセルは人数や機材を集める関係上、当日間近になる程キャンセル料が大きくなってしまうという事があります。この点はどの会社であっても共通するポイントですので、依頼の場合には必ず資料を読み込んでおく事をお勧めします。

当日に現場立会いの必要はありますか?

基本的には、遺品整理の日には現場には立会いをした方が良いです。遺品の思い出等は家族で無ければ判断が付かない様なケースも多々ありますし、業者に全て任せてしまうとその辺りの確認が出来なくなってしまいます。

これは横須賀地区だけで無く、日本全国の遺品整理の共通事項と思って下さい。 ただ、仕事を依頼したいのが横須賀にある実家であり、現在は遠隔地に住んでいて、現場まで来るのが交通費等の問題があって、とても難しいという様な事もあります。

他にも家族の他界がショックで体調を崩していて、立会うのはつら過ぎるという様なケースも少なくありません。そういった場合には、事前にサービスをやっているのかを確認する必要がありますが、映像端末等を使う事で現場に行かないでも済む様にしてくれる会社もあります。

つまり、必ずしも生身で最初から最後まで、現場に立会いをする必要は無いという事です。 勿論、完全に業者任せにするという事も可能です。その場合には順守して欲しい事を伝言した上で、家の鍵を現場監督に預けて、仕事が終わった時点で鍵を返却するという形式になる事が多くなりますが、その辺りも含めて無料相談の時点で業者に質問してみるのが1番手早いです。

体調を崩している人向けという事で、作業開始時点のみ立会いをして、それ以外の時は別室で横になっていても良いという様な事もあります。かなり融通が利く所でもありますので、出来るだけ事情を詳細に話しつつ、内容を詰めておく事をお勧めします。

遺品整理士の資格を持った人が居る会社ですか?

遺品整理の依頼をする前に、遺品整理士の資格を有するスタッフがその会社に所属しているかを必ず確認する様にしておく事をお勧めします。この資格は一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している資格であり、携帯していなければ仕事が出来ないというわけではありません

ですが、有資格者は遺品の扱いついて、リサイクルから産廃関連の事まで試験で問われています。その分だけ間違いなく丁寧な仕事をしてもらえる事が見込めますので、依頼する場合には見逃す手はありません。

遺品整理中は、仏壇や位牌といったどう扱ったら良いのか困る様な品物も多く出て来ますが、遺品整理士はそういった品物の供養関係に付いても、しっかり勉強しています。単純に片付けをするというのではなくて、供養をするという意識で仕事を行ってくれますので、感情的な部分が色々溢れているという様な時には、やはり有資格者が居る所に依頼した方がメリットがあります。

残念ながら悪質な業者も存在しており、場合によっては片づけが完了した後に、出て来た遺品をまとめて不法投棄していたという様なケースも少なくありません。感情的な面でもそんな扱いをされたらショックですが、この場合、業者だけでなく、仕事を依頼したという事でクライアントの方にも罰則が来る事もあります。高額請求のトラブル等も多発していますので、そういったリスクを回避する意味でも、資格の有無は必ず確認する様にして下さい。

 

現場に立会いをした方が望ましいですが、難しい場合には現場監督に任せたり、映像端末を使う等の対応策も色々準備されています。会社によって差異がある部分なので、そこは事前に業者とよく相談しておく事をお勧めします。後は悪質業者対策として、遺品整理士の有資格者がいる会社に依頼する様にすれば理想的です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧