横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

遺品整理のトラブル事例を事前に知って回避しよう!


少子高齢化の影響もあり、横須賀でも遺品整理の需要は増えています。個人で行うよりは、業者に頼んだ方が遺品整理に掛かる手間はとても少なくて済みますし、多くの点でメリットが多いです。

ですが、知らないと後でトラブルになるポイントも幾つかあります。今回は、遺品整理で考えられるトラブル防止のポイントを3点程述べていく事とします。

遺品整理と想定されるトラブルについて

遺品整理とは、亡くなった家族が遺した遺品を整理する事を言います。最後に住んでいた家や、部屋の中を整理して重要な書類や思い出の品、廃棄物とリサイクル品等を順に仕分けて行きます。

かつては家族が行う事が多い物でしたが、多くの意味で現代は忙しい時代です。遺品整理したい家屋が遠隔地にあり、何度も通うのは物理的に難しいというケースや、相続関係の手続き等で多忙を極めた為体調を大きく崩して作業に入れないケースも珍しくありません。

横須賀においても、それは例外では無くそんな時は遺品整理を専門にする業者に依頼するという選択肢が出て来ます。 ただ、この時、幾つか注意した方が良いポイントが出て来ます。

遺品整理業者の中には悪質な会社もあります。廃棄物やリサイクル品を扱う許可を持っておらず、全てをトラックに詰め込んで不法投棄してしまう様なケースもあります。後になって廃棄物の内容を行政等がチェックした際、身元が分かる物が発見されて、依頼者が罪に問われる事もあるので業者選択は慎重に行わないといけません。最低限、業務許可番号や会社所在の有無は必ず確認する様にして下さい。

他のケースでは、仏壇や位牌等の扱いについて、自己判断では要らないと見なして廃棄を選択する人も居ますが、これは親族間のトラブルに発展しやすいです。少子高齢化の影響で、引き取り先が簡単に見つからないケースも昨今増えていますが、近しい親族等や菩提寺等に事情を説明した上で、今後の扱いについてを相談した方が無難です。法的に廃棄がNGという事では無いのですが、感情や信仰が深く関わっていると推定される物に付いては、慎重な対応をお勧めします。

近隣とのトラブルに繋がりやすいケースについて

遺品整理したい現場がゴミ屋敷化している様なケースは、出来るだけ早く対応した方が良いです。横須賀でもトラブルになるケースが増えていますが、放置しておくと火事や悪臭等の問題に繋がるリスクがあります。

害虫や害獣、倒壊による事故も考えられますが、近隣の住人と揉めてしまう事にも繋がります。この場合は、個人で清掃しようとするのは避けてプロを呼ぶ様にして下さい。

場合によっては床や天井が抜けてしまったり、ゴミの山が倒壊して来る等で大きい被害が出る事があります。ゴミ屋敷の規模や状況にもよりますが、原状回復工事とハウスクリーニングを条件としつつ、専門の遺品整理業者を選抜する事をお勧めします。昨今、横須賀でも、ゴミ屋敷対策専門の業者も増えていますので、2、3社条件に合う所を探して比較検討して下さい。

後は、孤独死や自死の人の家屋等を片付ける場合も、プロの力を借りる事をお勧めします。この場合は特殊清掃もやっている事を条件に探すと見つけやすいです。亡くなり方によっては、腐敗臭が強く残っており、空気清浄機や芳香剤では対応し切れない事も少なくありません。

色々物が壊れていたり、汚損している様なケースもあって、これも近隣住民に影響を出してしまう事があります。こういう状況になると、普通の業者では片付け以上の原状回復が出来ない事も少なくありません。特殊清掃と、出来れば原状回復工事と匂い対策という条件を加えた上で探した方が圧倒的に段取が早いので、注意する様にして下さい。

遺品整理士の在籍等のチェックついて

業者に依頼する場合には、その会社に遺品整理士の資格を持ったスタッフが居るかを確認する様にして下さい。この資格は一般社団法人遺品整理士認定協会が出している資格ですが、廃棄物やリサイクル品の扱いから仏壇等の供養法について、一定基準を満たしたと認定された人に発行される資格です。

民間資格ではありますが、業界内のモラル向上を目的に設定された物であり、この資格に合格したスタッフが居るのでしたら、丁寧な仕事をしてもらえる目算が相当に高くなります。他にも、優良事業者認定も協会は行っており、そこもチェックしておくと依頼の際には随分違います。

後は依頼しようと思っている会社が、一般廃棄物収集運搬許可証及び古物商許可証を持っているか、会社名義の銀行口座を持っているかと言った点もチェックしておく事をお勧めします。廃棄物やリサイクル品を扱う為には、必ず持っていなければならない許可や、会社としてしっかり活動しているかという点について、決して外せないポイントとなります。その上で、見積書に項目毎の金額記入と、料金体系は明瞭かどうかといった事を確認する様にして下さい。

これ以外に、会社の案内冊子等に業務の流れの記載等の確認も出来たらとても理想的です。問い合わせに対して丁寧な対応があったか、対応速度が速いかなどといった点もしっかり見ておきたいポイントと言えます。これらの条件をクリアした会社の中から、最終的な依頼先を選択する事をお勧めします。

 

遺品整理士の資格と優良企業認定があるかを基準として、会社を選抜するのが重要です。トラブルの多い案件としては、不法投棄問題や信仰や感情関係の物品の扱いを失敗する事、ゴミ屋敷や孤独死関連が要注意です。

トラブルを避ける為には、しっかり裏付がある会社へ依頼する事と疑問に思った事は自己判断してしまわない事が重要になりますので、落ち着いて段取を進める様にして下さい。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧