横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

どうすればいいの…故人のゴミ屋敷の後片付け

少子高齢化が進んでいる昨今家族が他界し、残された家がゴミ屋敷だったというケースは多いです。横須賀でもそれは例外ではありません。

ゴミ屋敷を個人で片付けるのは実質不可能ですし、無理をすれば事故が発生する危険もあります。では、プロに依頼しようと思っても、余りに酷い様子でそれも躊躇ってしまうかもしれません。

横須賀地区で遺品整理を探してみましょう

ゴミ屋敷は放置しておくと、火事や害獣、害虫等の多くのトラブルを発生させてしまうリスクがあります。早急に片付ける必要がありますが、素人が中に入った場合、床や天井が抜けたりゴミの山の崩落に巻き込まれる等の事故が起きる事もあります。

カビや害虫の発生やアスベスト等の飛散で、マスクや専門の機材を用意していないと健康の上でも色々と危ないです。近隣住民への迷惑も意識しなければいけません。

ですので、困っている場合には、遺品整理の会社に依頼してみるという選択肢が出て来ます。余りに汚過ぎて業者も依頼を受けてくれるのか心配であるという声等も多いですが、遺品整理の現場ではゴミ屋敷対応も決して珍しい物ではありません。

装備や機材を整えたプロが屋内の清掃から、ゴミの撤去を徹底して行ってくれます。 会社によって違いがある部分もありますので、詳細については2、3社程は資料を取り寄せて検討する事をお勧めしますが、原状回復工事も合わせて行ってくれるサービスがセットになっている場合も多いです。

家の中が余りに汚過ぎると、故人の思い出が詰まった品や、重要な書類等の捜索を不可能と思って諦めてしまう様な事も少なくありませんが、遺品整理を依頼した場合には、そういった品物の探索もプロの目で行ってくれます。家屋の荒廃の回復をしながら、細やかな配慮もしてくれるという点において、プロに依頼した方が個人でやるよりも沢山のメリットがあります。困っている場合には依頼を考えてみる事をお勧めします。

悪徳業者に引っかからない為に確認すべきポイントです

横須賀は広く、遺品整理業も多く開業しています。そして残念ながらその分だけ悪徳業者も一定数存在しています。ゴミ屋敷状態になってしまっている場合には、依頼する方としても負い目を感じてしまう部分も多いですが、その分だけ注意しておかないと高額請求等のトラブルに引っかかってしまいやすいです。

そこで、まずは依頼する場合には、一般廃棄物収集運搬許可証及び古物商許可証があるかを必ず確認する様にして下さい。これは横須賀だけに限らず、全国共通となります。

ゴミ屋敷を片付けるのでしたら、当然廃棄物が多く出ますし、場合によってはリサイクルに回したり、買取をお願いしたい様な物が出る事もあります。それには、それぞれ専門の許可証や認定が必要になる事が多く、一般廃棄物収集運搬許可証と古物商許可証は基本となる物です。必ず保有が確認出来る業者に依頼する事をお勧めします。

他には、見積書や担当者の名刺に業務許可番号や会社所在が書いてある事や、見積書に項目毎の金額が書いてある上、料金体系が明確であるかといったポイントも外せません。後は会社名義の銀行口座が確認出来る事だったり、問い合わせへの応対が丁寧であったかという様な点もしっかりチェックしておいた方が良いです。

ゴミ屋敷をこれからどうするかという事を考えるにあたり、事務的な処理と見なすのかそれとも、供養を兼ねた整理と見なすのかといった違いで、差異が出て来る所ではあります。ただ、どういう方面で考える場合でも、この辺りは基本となりますので、忘れずに確認しておく事をお勧めします。

遺品整理士資格を持ったスタッフが居る会社ですか?

遺品整理士資格とは、一般財団法人遺品整理士認定協会が認定する資格です。この資格は廃棄物やリサイクル品の法的な扱いから、仏壇や位牌等の扱いに配慮が必要な物の供養法についてまで勉強する事が前提となっており、ゴミ屋敷対応の場合にも有資格者が居る所に依頼した方がメリットがあります。

国家資格では無く、民間資格ですので別に無かったとしても仕事をする事自体は可能です。 ただ、ゴミ屋敷になってしまったとはいえ、その中には故人の大切にしたい思い出もまた埋まっています。特に感情的な面が多い様な時には、単純に廃棄物対応でテンポ良く仕事をするだけではなく、供養という目でも見てくれる様なスタッフが居る所に依頼した方が色々な意味で安定もする物です。

昨今の少子高齢化により、それぞれの会社は遺族が故人に対して向ける様々な感情を重視する様にもなっていますし、配慮も色々してくれる様にもなってきました。 遠隔地に住んでいたり、体調を崩していて、当日現場に立会い出来ないという人向けに映像端末を使って実況する等が代表的ですが、遺品整理士の資格は前提となる知識や技術が一定以上担保されているという保証とも言える物です。仕事を依頼する場合には、見逃す手はありません。

他にも遺品整理士認定協会による優良事業者認定もありますので、そういった点も確認しておくとより理想的です。

 

ゴミ屋敷の片付けで困った場合には、遺品整理へ依頼するとしっかり対応してもらえます。2、3社程から資料を取り寄せて比較検討しつつ、遺品整理士資格を持ったスタッフが会社に居るかどうかと、優良事業者認定を遺品整理士認定協会から受けているかどうかを確認する事です。その上で悪徳業者対策のチェック項目を忘れないならば、理想的な依頼が可能となります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧