横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評 判、費用相場などの情報も交えて紹介しています。

「捨てられない」遺品整理をサクサクすすめる3つのコツ 


遺品整理でよくある悩みは「遺品が 捨てられない」ことです。もちろん大切な人との思い出の品物を捨てるのは、精神的に辛いことかも知れません。物を捨てるには勇気がいりますが罪悪感を感じる必要はありません。遺品整理で大事なことは、故人の持ち物から残しておきたいものを選び、後は思いきって処分することです。

無理やり思い出のある遺品を捨てない

遺品整理をしていると、故人の思い出がよみがえってきて物が捨てにくい気持ちになります。そんな時は、思い出のあるものを無理して捨てなくても大丈夫です。ただ、仕分けばかりに時間を費やすのも考えものです。処分しようと思ったものが捨てづらく、またしまい込むといった作業を何度も繰り返さないためには、絶対残しておきたいものから手をつけましょう。故人が大事にしていたものは捨てるには勇気がいるものです。

遺品整理は、いつまでに行わなければならないといった決まりはありませんが、特に急がない場合もできれば四十九日までにすませたいものです。特に預金通帳や有価証券など相続系の遺産については故人の死亡後10カ月以内に相続税の申告を行わなければならないからです。

遺品整理は気持ちの整理につながる

たとえ持ち家であっても故人の持ち物であふれた中で暮らすのは、遺された人の健康をも害する恐れがあります。遺品をそのままの状態にしておくことで、故人の思い出がよみがえり、寂しい気持ちが続くだけでなく、使わない家具などが多いと、物につまずいてケガをする恐れもあります。

また、押し入れやクローゼットに故人の衣類やバッグなどを詰め込んだままにしておくと、害虫やカビの温床になりかねません。住んでいる人には分からなくても、家自体がかび臭くなってしまいます。

そうなる前に遺品整理を行い物を減らすと、清潔な空間が手に入るとともに、気持ちの整理もできます。故人も、物にあふれた家で遺された人がウツウツと過ごすより、必要なものだけに囲まれた清潔な空間で、イキイキと暮らしてくれることを望んでいるのに違いありません。

できれば楽しい思い出がよみがえるような品物や写真などを、ひとつのケースに納め「これは宝物だから大事に取っておくが、後は思い切って処分しよう」と、自分で納得すると気持ちの整理ができます。

捨てられないものは親しい人に形見分けをする

故人が使用していた時計やアクセサリーなど、捨てるのはもったいないと思える遺品は、身内や故人と親しかった人に形見分けをする方法もあります。本来は、形見分けは故人の供養にもなり、形見を頂いた方にとっては心のよりどころとなるべきものです。

しかし、世の中は不要なものを処分する断捨離や、物を極力持たないミニマリストが好まれる傾向にあります。形見分けしても喜んでもらえるとは限りません。譲渡する場合は、それぞれの人の事情を考慮しておこないましょう。

売却や寄付も視野に入れましょう

故人が遺した趣味のコレクションや骨董品、洋服や着物などの価値があるものかどうか判断できない場合は、買取業者に査定をしてもらいましょう。売却するのに罪悪感があったとしても、そのままにしておくよりも価値の分かる人に買い取ってもらう方が故人の供養になります。また、買い取ってもらえそうにもないが、まだ使えそうな生活用品などは、寄付を受けつけているボランティア団体に問い合わせて、活用してもらう方法もあります。

遺品整理をする時間がないなら業者に依頼する 

人が亡くなると、手続きなどやることが山ほどあります。身内が少なかったり、遺品整理をする時間がとれない場合などは、プロの業者に依頼する方法もあります。本来、遺品整理は故人との思い出に向き合いながら気持ちを整理する作業ですが、遺された遺族が身体的にも体力的にも無理がきかない状態なら、専門業者に任せるのがベターです。

おおまかな費用の目安は、1Kで3万円前後、2LDKで13万円前後、4LDKで20万円前後ですが、現場の状況や荷物の量などによっても違うため、事前に必ず見積書をもらっておきましょう。

お仏壇の処分方法について

大切な人を亡くしたことをきっかけに現在の住まいを処分し、子ども世帯と同居する人や老人専用のケアマンションに移る人も増えています。だれも住む人がいなくなった家に従来からある大きなお仏壇を処分して、コンパクトなお仏壇に買い替えたいが、どのようにすればよいかわからないと言ったお悩みもあるようです。

お仏壇の処分は業者にも依頼できます。ただし、宗教にもよりますが、開眼供養として魂入れを僧侶によってとり行っていた場合は、閉眼供養をする必要があります。閉眼供養をした後は不用品回収に出しても自治体のゴミ収集に出しても問題ありません。

遺品整理はいつまでに行わなければならないの?

故人が大事にしていたものは捨てるには勇気がいるものです。遺品整理は、いつまでに行わなければならないといった決まりはありませんが、特に急がない場合もできれば四十九日までにすませたいものです。特に預金通帳や有価証券など相続系の遺産については故人の死亡後10カ月以内に相続税の申告を行わなければなりません。

 

遺品整理をサクサクおこなうには、まずは絶対残しておきたいものを選びます。次に身内や親しい人に形見分けをおこないます。その後、売却や寄付なども検討します。処分しがたいお仏壇などは各宗派の慣習に従っておこないましょう。遺品整理をする際、何から始めてよいかわからない場合や時間がとれない場合などは、プロの業者に依頼する方法もあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選

イメージ
サービス名
会社名
遺品整理プログレス
(株式会社プログレス)
レコプロ
(Recopro合同会社)
みらいプロセス
(合同会社エコリア)
キーパーズ
(キーパーズ有限会社)
横須賀遺品整理サポート
(PROCESS)
おすすめポイント専任スタッフが質の高い幅広いサービスを提供臨機応変かつ丁寧に真心を込めて遺品整理を行ってくれる丁寧かつスピーディー、高品質・安心のサービスを提供遺品整理サービス専門会社のパイオニアお得な料金!遺品整理の実績も豊富
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選一覧はこちら