横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

遺品整理で大変なことって?処分に困るのはどんなもの?

遺品整理の際には様々なものが出てきますが、中にはかなり困る場合もあります。実は横須賀市内でも様々な遺品整理のケースがあり、中には処分に困る物も少なくありません。

処分に困る物というと多くの種類がありますが、ここでは代表的な3つの大変なことや困る物を紹介しましょう。

写真や思い出の品が大量だと処分も難しい

よくあるのが、写真や思い出の品といわれる、一般的にその人に思い入れがあったり、その人の姿を偲ぶようなものです。遺品整理をするような檀家になってしまえば、その人の姿はもう写真の中やその人の中にしかありません。

このため、どの写真をどのように残すか、という事を考える人は少なくありません。ただ、大量の写真や思い出の品があると、それらは邪魔になってしまうことも少なくないのです。このため、どの写真を残してどの写真を捨てるかを選ぶのにかなり手間がかかります。特に個人が写っている写真だけではなく、集団だったり誰かと一緒に写っている写真、集合写真などの記念写真を残す傾向はありますが、その枚数が多すぎると管理しきれなかったり、かさばる可能性があります。

また、思い出の品が大きなものだったりかさばる場合も同様で、特に管理しきれなくなる可能性も高いでしょう。よくあるのが昔の日記や手帳ですが、それ以外にも記念品や盾、賞状やトロフィーなども遺族を困らせる事が少なくありません。

このため、思い出の品や写真が大量にあると、それだけで遺族を悩ませます。出来ればその人が生きている間にどの写真を残してどの写真を処分するか、という事をある程度実行できていればいいでしょう。いらない物ではないかもしれませんが、その人が生きてきた記録をある程度処分しておくのも残された人に対しての気遣いになります。

形が大きなもの、家具・家電など

次によくあるのが、家具や家電などです。 実はこういったものはとにかく大きいためそもそも普通の家庭ごみとして処分できず、大体の場合は専門の業者に依頼して処分してもらうしかないでしょう。実はこの手間がかなりかかるため、残された人たちにとっては大変なことが少なくありません。

特に家電については家電リサイクル法などもあり、処分の際には専用のルールがあったり、費用がかかることも少なくないのです。リチウム電池などは家電量販店の専門のごみ箱で処分してもらったり、家庭用プリンターのインクなど、専門のところで処分するような家電は少なくありません。これが詳しくない人だと面倒になったり、内容が分からないこともあります。

家具についても同様で、大きなものについてはやはり処分が大変になる傾向があるでしょう。家具は特にその家具の中身を処分しなくてはならないというデメリットもあり、その中に何があるかを把握してその中身をきちんと捨てる所から始めるため、手間が格段に違います。

そもそも家庭ごみとして処分できないようなものは出来るだけ早く処分するのに越したことはありません。ですが、老後の生活に支障が出るほど無くしてしまうのも問題ですので、どのように処分するか、タイミングはいつにするかはしっかり考慮する必要があります。そのため、タイミングが難しい物でもあります。

その人の個人的な趣味のものは扱いが難しい

個人的な趣味は誰にでもある物でしょう。これはこれで悪いものではありませんが、一方で個人的な趣味のものは扱いがかなり難しい側面があります。 というのも、配偶者や子供たちがそれに興味・関心があればそれらを引き継げばいいのですが、そうではない場合は頃合いを見てそれらを捨てる必要が出てくるかもしれません。その時にどのようにすればいいかを考える必要が出てくる場合もあるでしょう。

実は趣味のものはかさばりやすく、人によっては熱意がある場合もありますから、当然集めることによって価値を持つ場合もあります。横須賀は特に舶来品が多くデザインに優れたものが多いため、どうしても資産価値がある可能性のものが少なくありません。このような物は相続の対象や相続税の対象となる可能性もありますから、そういった価値の特定や誰に相続させるか、などの問題も出てくる可能性があります。

また、中には分かる人にこそわかる価値がある物や、場合によっては死後に趣味の分かる人に引き継いでほしいなど、手間をかけることで資産にもゴミにもなりかねないような物もあるようです。横須賀でもよくある事ですが、ただの古いもの、ただのゴミだと思っていたようなものに意外な値段が付くというのはテレビの鑑定番組でも見かける所でしょうから、こういった意味でも趣味のものは扱いが難しい場合が少なくありません。

 

横須賀でよく遺品整理で難しいものをピックアップしました。ここでは特に手間がかかる物、気を使う必要があり遺品を片付ける際に気を使ってしまうような物を中心にしましたが、様々な物に対して困ってしまう場合があります。一つ一つ丁寧に片付けるのも方法ですが、まとめて一度に片づけるのも方法でしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧