横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

形見分けするものはどんな物が多い?

横須賀をはじめとして様々な地域で遺品整理の需要は多くあります。その中でも特に、遺品整理の中でもその人の思いが如実に反映されるものとしては、形見分けがあるでしょう。

この形見分けについての意見は様々ですが、具体的にどういうものが遺品整理時に形見分けの対象となるのでしょうか。

宝飾品・ジュエリーは女親から女の子・孫に

形見分けの代表格となる物としては、ジュエリーや宝飾品があります。横須賀の場合は特に舶来品のおしゃれな物や歴史がある物、先祖代々受け継がれてきた物などが多いでしょう。

中身としてはダイヤモンドやパールを使ったもの、真珠の冠婚葬祭に使えるようなネックレスやブローチ、地金がプラチナやゴールドのものなどが多い傾向があるのです。主に貴金属といわれるものが使われていたり、中には資産価値が高いものもあります。

こういったものは遺品整理の際、よく女親から女の子ども、あるいは孫などに引き継がれることが多いでしょう。今の時代になってもまだジュエリーやアクセサリーをつけたり、その価値を知っていることは女性のことが多いため、女親や祖母から女性の子供、孫に贈られることがあります。

また、中には介護に尽力してくれた嫁や仲の良かった嫁さんなどに贈られることもあるでしょう。ずっと介護をしてくれてありがとう、という気持ちがある人や、仲良く楽しく過ごさせてくれてありがとう、という気持ちが含まれることがあるようです。手間をかけたり特別仲がいい人の場合、嫁や直系卑属ではなくてもいとこや姪っ子などに贈ることもみられます。

ネクタイピンやカフスボタンなどであれば、男親から男の子、孫などに行くこともあります。ただ、男性が宝飾品をつけることはあまり多くないため、ジュエリーなどはやはり女性親から女性の子供や縁のある人に行くことが多いようです。

趣味の品物は同好の士や分かる人へ

横須賀の場合、特別お洒落な趣味や欧米の良い品物を集める事が趣味という蒐集家もいるのではないでしょうか。好みの趣味を持ったり、様々な趣味がある人、個性的な趣味を持つ人や同好の士が多い趣味を持つ場合、中にはその同好の士や趣味でつながった友人へ贈るパターンも見られます。

これは例えば何かを集めること、例えば古本や骨とう品、個人の趣味のつながりがあり蒐集家同士で集まるような機会があるような人に多いでしょう。何かを集めたり何かを買い揃えることそれそのものが趣味の場合、中には家族がその価値を理解できず処分してしまったり、どうでもいい業者に二束三文で売ってしまう場合もあります。

それを防ぐために、友人同士で何かあったときには共有したり、誰かの物を誰かが引き取るというようなご縁を作っている人も少なくありません。 中にはその収集が一つの歴史を物語ったり、長い歴史を証明するようなものである場合も少なくないのです。

とはいえ、こういったことが分かる人が血縁にいたり、価値が分かる人が身近にいるならいいのですが、そうではない場合は誰かに不本意に渡ってしまったり、間違って処分されるのを防ぐ意味合いもあるでしょう。 なお、骨とう品や絵画などは時に大変な値段が付く場合もあり、贈与税がかかることも少なくありません。このため、税金についての対策をきちんと行っておく必要があるでしょう。

着物やブランド物、腕時計が形見分けの対象となることも

価値のある品物ならば、何でも形見分けの対象となる可能性があります。 横須賀の場合はその他にもお洒落な人が多かったり、地域的に様々な品物が形見分けの対象となることもあるかもしれません。 この場合、例えば着物が対象となる事があります。そのまま捨ててしまったり処分するのにはもったいないからという事で子供たちや孫などに譲られることが多く、この場合はリメイクして洋服にする場合もあるでしょうし、当然そのまま着る人もいるかもしれません。

また、よくあるのがブランド物です。遺品整理の際に意外とブランド物は見つかることが多く、特に昔の歴史的な品物や有名な物はそのまま処分するのがもったいないからと、誰かに譲ってもらうことが多いかもしれません。ブランド物についてはそれぞれの保存状況などによって価値が変わりますので、意外と高い価値がついているものも出てくる可能性があります。

腕時計は男性の遺品整理でかなり価値が出やすく、形見分けの対象となりやすい品物でしょう。特に時計を集める事が趣味の男性は少なくありませんので、遺品整理の対象となることが多いものです。 その他にも様々な物が対象となる事があり、中にはかなり高い価値を持つものも少なくありません。

色々な物が対象となりますが、小さい物や持ち運びにあまり手間がかからないもの、価値の高い物が対象となることが多い傾向が見られます。

 

過去に形見分けは目上や年齢が上の人から、目下や年齢が低い人への贈り物という意味合いがありました。ところが、今の形見分けは遺品整理や遺産相続につながり、中には同好の士での訳合いという意味合いもあります。このため、年齢などはあまり関係なく、故人を偲ぶ意味合いで行われることが多いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧