横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

想いの詰まった写真やビデオテープはどうする?

遺品整理をしているときに想いの詰まった写真やビデオテープが発見されることもあります。これらを処分してしまうことに対して気が引ける人は多いものですが、遺品整理をこなすためにはどうするべきか決める必要があります。

横須賀で遺品を整理している際に、写真やビデオテープが発見されたときには、状況に応じた方法で整理していきましょう。

不要なものは処分することも大切

遺品整理を行っているときに大量の写真が出てくることは珍しくありません。横須賀で遺品整理を行う場合でも、発見されたものをどう扱うべきか悩む人は多いと言えます。

近頃の若い人はデジタルカメラやスマートフォンで撮影したものを必要に応じてプリントアウトすることが多いですが、祖父母や両親の時代では撮影したものを現像してアルバムにする、保管しておくことが主流でした。また、成長記録や旅行の思い出などをビデオテープで残す人も少なくなかったので、遺品にビデオテープも含まれている可能性があります。

故人の想いが詰まっていると考えると罪悪感が生じて処分できない人が多いですが、これらはかさばってしまうものなので、不要なものは処分することも大切だと言えます。処分することができないと感じる場合は、まずは大まかに写真を分類することがおすすめです。

風景や建物の写真など、故人が写っていないものをピックアップすれば、比較的処分しやすくなります。すべて処分してしまう必要はありませんが、量が多くて保管に困るという場合は必要なものとそうでないものに分類して、手放すことも必要だと言えるでしょう。

ただし、不要なものはそのまま捨ててしまうのではなく、きちんと遺品供養をお願いするようにしてください。整理することができないと放置していては遺品整理が終わらないので、不要なものは処分することも視野に入れましょう。

必要な写真やビデオテープは工夫して保管することができる

写真やビデオテープをそのまま保管すると、非常にかさばってしまいます。特にアルバムが何冊もあったり、テープが何本もある場合は、それだけで押し入れの大部分を占拠してしまうということもあるほどです。

必要に応じて処分することもできますが、もとの量が多ければ処分できないと感じるものも多い可能性があります。そのような場合は、保管方法を工夫することで整理を進めることができる場合もあるのです。

まず、デジタルカメラやSDカード、HDDなどにデータが残っているのであれば、現像されている写真は一度処分してしまっても良いでしょう。データが残っていないものは復元することができませんが、データが残っていれば必要に応じて現像することができますので、思い切って処分することもひとつの手だと言えます。

紙の写真をデジタル化することもできるので、スキャンすることでデジタル化して保管することを検討してみることも視野に入れましょう。ビデオテープもHDDやDVDにダビングして保管することができますので、広い空間を必要としない保管方法に切り替えると、遺品すべてを処分しなくてもスッキリさせることができます。

横須賀には遺品整理で出てきたものをデジタルデータ化してくれるサービスもありますので、自分で行うことが難しい場合は、そういったサービスを利用することもおすすめです。

お寺や神社に遺品供養を依頼する

保管する余裕があるのであれば必要に応じて遺品を残しておくこともできますが、保管する場所がないなどの理由で、写真やビデオテープの大部分を処分しなければならないという場合もあるでしょう。本来、これらは一般ごみとして回収してもらうことができるものなので、自治体のルールに従って処分するのだから一般ごみとして回収してもらえば良いと考えている人もいるかもしれません。

けれども、写真やビデオテープには故人の想いが詰まっているわけですから、遺品供養を行うべきだと言えます。遺品供養を行っているお寺や神社は全国各地にありますので、横須賀でも依頼することが可能です。なかには、自分でお寺や神社まで遺品を運ばなくても、郵送することで供養してくれる場所もありますので、足を運ぶことが難しいという場合は郵送サービスを利用することも検討すると良いでしょう。

遺品には魂が宿ると言われていますが、想いが込められやすい写真やビデオテープにはより強い魂が宿っていてもおかしくありません。この魂を抜いてから処分を行う必要がありますので、魂を抜くことができるとされているお寺や神社で供養を行ってもらわなければならないのです。故人の冥福を祈るために重要な儀式のひとつだと言えるので、写真やビデオテープを処分しようと考えているのであれば、遺品供養を行うようにしてください。

 

遺品整理中に想いの詰まった写真やビデオテープが出てくることもありますが、そのときは必要なものだけ保管しておく、新たな形で保管することができます。もし、不要な写真やビデオテープを処分するのであれば、遺品供養を行うようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧