横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

故人に残されたペットはどうなるの?

横須賀で親族が亡くなったときには遺品整理を行う必要がありますが、その際に残されたペットをどうするのかという問題が発生することもあります。

いざというときに適切な行動を起こすことができるように、どのような方法で故人に残されたペットを扱うのか知っておくことはとても大切です。

生前に約束していた人が面倒を見る

生前に約束をしていた人が引き取って面倒を見るというパターンもあります。子供や親戚、友人や知人など、故人が約束していた人にお願いして面倒を見てもらうのです。

高齢者が老後を一緒に過ごすパートナーとして犬や猫を飼うことは少なくないのですが、残念ながら先に飼い主が旅立ってしまうケースが多くあります。自分が先に旅立つことになりそうだと感じたら、犬や猫を飼育することができる相手にいざというときは引き取ってほしいとお願いをしている故人もいるのです。

ですが、口約束でオッケーをしてくれていた場合や、遺言状にお願いする相手が記載されていたとしても、その人が引き取りを拒否すればお願いすることはできません。生前に約束が行われているときは、遺品整理の段階になってトラブルが起こることはないと思っているかもしれませんが、引き取ってもらうはずの予定だった人から拒否される可能性も考慮しておかなければならないでしょう。

故人があらかじめ約束しておいた人に面倒を見てもらうことができないのであれば、他の方法を検討しなければなりません。なかには保健所に引き取ってもらうことを考える人もいるようですが、保健所は狂犬病などの病気が広がらないように動物の引き取りを行っています。つまり、当初予定していた人に依頼することができないからという理由で保健所を頼らず、他の方法を選択しましょう。

身内以外で引き取ってくれる人を探す

あらかじめ約束していた人以外に引き取ってもらうことができる可能性もあります。最近ではインターネットでペットの譲渡を行うことができるサービスも存在しているので、そういった方法を選ぶこともできるのです。

成犬や成猫となると、里親探しが上手くいくかどうか不安と考える人もいるかもしれませんが、高齢のペットでも面倒を見たいと申し出てくれる人は少なくありません。里親募集に登録している人にはこれまで犬や猫をお世話していた経験のある人が多く、引き取り手がないのであればぜひ面倒を見たいと考えている人も少なくないのです。

知らない人に故人の大切なペットを任せて良いのかと心配になるかもしれませんが、里親になりたい人とはメッセージなどでやり取りを行うことになります。その際に本当に任せても良い人かどうか判断することもでき、不安な場合は他の人を探すこともできるので安心です。また、希望すればペットと面会できるような取り決めを定めている里親募集サイトもあります。

自分で引き取ることはできないけれど、本当に大切にお世話してもらうことができているかどうか確認したいのであれば、面会できる相手に任せることがおすすめです。横須賀にも里親登録している人は数多くいますので、横須賀で面倒を見てくれる人を探しているという場合でも、安心して利用することができるでしょう。

ペット信託など残されたペット向けのサービスを利用する

遺品整理のときに利用することができるサービスは多々ありますが、ペットに関するサービスも利用することができます。ペット信託や老犬ホーム、老猫ホームなどがあるので、状況に応じて利用を検討してみると良いでしょう。

ペット信託は飼い主が飼育費用を負担する代わりに、新たな飼い主が面倒を見てくれるというサービスです。もしも故人がこのような制度を利用することを遺言に残していたのであれば、利用することができます。

また、老犬ホームや老猫ホームはペット版の老人ホームのようなものです。数か月の期間限定で預けられるコースだけではなく、終身で面倒を見てくれるコースもあるので、これから先ずっと誰かに面倒を見てほしいと考えているのであれば、このようなサービスを利用すると良いでしょう。

老犬ホームや老猫ホームは、終身タイプで100万円前後の費用になることもありますが、故人がペットのために遺産を残している場合などは、このようなサービスを利用することも故人の供養になると言えます。

これらは横須賀でも行うことができるものなので、横須賀で遺品整理を行っている際にペットをどうするべきかという問題が発生したときにも、利用することを検討してみると良いでしょう。費用は必要となってしまいますが、確実に面倒を見てもらうことができるという安心感を得ることができる方法だと言えます。

 

故人に残されたペットをどうするかということは、遺品整理の際に問題になりやすい事柄のひとつです。大切に故人が育てていたからこそ、しっかりと面倒を見てもらうことができる方法を選択しなければなりません。里親募集や専用のサービスを利用することも視野に入れつつ、適切な行動を選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧