横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

老前整理とは?始める前知っておきたい整理のコツとは?

自分がいなくなったあとに家族が困らないよう、自分の持ち物や財産など身の回りを自主的に片付けることを生前整理と呼びます。しかし体力が衰えた老後に行うのが不安という方も非常に多く、近年では事前に準備を始めておく老前整理に注目が集まっています。具体的な方法やポイントを見ていきましょう。

老前整理の基礎知識とそのメリット

老前整理とは文字通り老いる前である40〜50代に整理を行うことであり、気力や体力・判断力などが衰える前に実施することに意義があります。当人が元気なうちに身辺を片付ける生前整理は、家族が遺品整理の際に相続などで揉めないようにするための財産整理が中心であり、自分の死後を考えた末の行動であると覚えておきましょう。

老前整理を行うことで、さまざまなメリットが得られます。40年近く生きていれば家の中の物や人間関係も膨大な量に増えて行きますが、老前整理により人生の1つの区切りをつけて50代以降のセカンドライフに晴れやかな気持ちで移行することが可能です。

これまで蓄積してきたモノを片付けるには、多くの時間が消費されるため継続する気力が欠かせません。モノの要不要の判断力も年々衰えていくため、まだ元気な40〜50代に行うことで完遂できるという訳です。

加えて、モノを捨てたり保管したりといった判断をすることは今後の人生において何を重視して生きていくかという考えをまとめる手助けにもなります。

部屋がすっきりして、家の中の移動がスムーズになり安全になるという点も大きなメリットです。年齢を重ねるごとにモノにつまずき、転倒する危険性が増しますがモノを減らすことでその危険度を大幅に下げることができます。他にも遺品整理が容易になったり、家族以外の人を家に呼びやすくなりアクティブになるなどその利点は多いです。

具体的に老前整理を行っていく方法

まず全てのモノを、使う・使わないで区別するところから始めましょう。所有している中で、現在や今後において使用する・使用する予定がないがないモノを区分けしていきます。

この時迷う原因となるのが、いつか使うかもという物品です。片付けにおいて「いつか」というワードは実に不確定なもので、そのほとんどが「結局使わない」になってしまいます。ポイントは使えるかどうかではなく自分が使用するかどうか、つまりモノ主体ではなく自分主体で考えましょう。

使うモノと使わないモノの区別が終わったら、次は使わないモノをさらに「残す・処分する」の2つに分けます。ここでの「残す」対象となるのは、数年以内に明確に使うと分かっているもしくは使う可能性が極めて高いモノです。それ以外は壊れていたり現在使っていなかったり、数年以内に使う可能性が低いモノが該当します。

もし処分に迷ったら保留のためのケースを用意して、保留した日付と考え直す日付を記入して詰めておき、そのタイミングで改めて考えると良いでしょう。たとえば判断に迷ったため5年後に再考するようにしておき、結局その5年間で使用していなければその時に処分や譲渡すれば良いだけです。

処分することが決定したら、いよいよ部屋から物理的になくす作業へと入ります。可燃物・不燃物や、粗大ゴミなど物品のカテゴリに適した処分方法を選択してください。本やCD、衣服など売却できるものがあれば買取業者を利用するのも良いです。

横須賀には不用品が大量にある際、出張して買取を行ってくれる業者もあります。インターネットなどで、横須賀の買取業者の相場額を調べてから依頼するとなお高額となる可能性が高いです。

老前整理を成功させるためのポイント

成功させるためのポイントとして、まずは大きいモノから処分することです。掃除のための空間が増えるだけでなく、部屋のスペースが広くなりモチベーションがアップします。

ちなみに粗大ゴミの処分方法は、横須賀市の場合は自治体に電話して個別収集を依頼するか南処理工場に持ち込むかの2種類です。横須賀市の自治体は土日および年末年始以外であれば、受け付けてくれます。家電に関してはリサイクルが義務づけられており、横須賀市でも例にもれず冷蔵庫やテレビ、エアコンや洗濯機といった機器を処分する場合、各種家電量販店へ引き取ってもらう必要があります。

少しずつ時間をかけてマイペースに行うことも成功させるための大きなポイントです。整理をしなければならないといっても明確な締め切りがある訳ではないため、最初から完璧を目指さず毎日少しずつ行うことで挫折しにくくなります。

またモノに対しての考え方・意識を変えることも、有用な方法の1つです。今まで物品が溢れていた状態はたとえ今使わないものであっても、そのうち使うかもしれないという意識があったからに他ありません。モノの価値で見るのではなく、自分が使うか使わないかで判断するよう意識改革をしましょう。

たとえ捨てたとしても、それはモノだけでありそこに詰まった思い出は消えません。もし処分したいけれど踏ん切りがつかない時は、カメラで写真を撮ってから捨てるという方法も1つの手です。

 

老前整理と聞くと「遺品整理」のように死後のことをイメージしがちですが、自分が所有しているモノを見直して自分自身と向き合い、今後の人生をどう生きるのかを見直す作業です。生前整理や遺品整理が容易になるという理由だけでなく、自分の未来を新しく築き上げるきっかけとなる行動であるため今から少しずつ始めていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧