横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

遺品整理後のハウスクリーニングは必要?注意点は?

横須賀において、遺品整理の需要は昨今急増しています。少子高齢化の影響で急遽考えなければいけなくなったというケースも多く、遺品整理についての疑問も色々と出て来る様になりました。

そこで、今回は横須賀の遺品整理とハウスクリーニングについて、基本事項とチェックポイントを3つ程述べていく事とします。

ハウスクリーニングが必要な遺品整理とは?

ハウスクリーニングが必要かどうかは、残った家屋の状況によります。急死してしまった家族が生前から片付けを丁寧に行っており、遺族が中に入って片付けをするのであればそんなに手間が掛からない様なケースも少なくありません。

その場合は、ハウスクリーニングと言ってもそんなに大がかりな物にはならず、簡単な物となります。遺品を片付けるのを機会に、大掛かりな掃除をするという範囲ですので、プロに依頼するかどうかは時間や人手が足りない場合に限られます。

ただ、ゴミ屋敷化してしまっている様な場合は、ハウスクリーニングも兼ねて全ての段取をプロに依頼した方が良いです。ゴミ屋敷とまではいかないまでも、多くの書類や家電等が乱雑に置かれてる部屋だったり、孤独死や自死といった特殊なケースで素人が掃除をするのは、実質不可能であるという事も少なくありません。

そんな場合には、ハウスクリーニングも行っている遺品整理の会社に依頼をした方が確実な仕事をしてもらえます。 単に汚いだけというのでしたら、時間をかけて清掃するのも1つですが、ゴミ屋敷になっている場合は踏み込むと床や天井が抜けてしまう危険も考えないといけません。害虫や害獣が入り込んでいて、糞尿や死骸がある様な事もあり、マスクや専門の道具が必要な事もあります。

殺菌や消毒についても、かなり強力な物を使わないといけない事もありますし、原状回復工事が必要なケースも少なくありません。ですので困っている場合には、事故予防の意味も兼ねて、早急にプロへ依頼する事をお勧めします。

遺品整理時のハウスクリーニングの確認事項

横須賀には多くの遺品整理の会社があり、それぞれサービスに特徴があります。ただ共通している部分もあり、大体の会社では玄関やベランダと部屋毎の掃き掃除と拭き掃除、台所やトイレと言った水回り面の洗剤を使った清掃等は行ってもらえます。フローリングの床にワックス掛けを行ってくれる事も多いです。

大体の所要時間としては、全ての工程が終わるまで90分から120分で済む範囲と考えておくと齟齬がありません。ただし、電気や水道が止まっている場合には、水が使えませんので、その場合には掃き掃除のみで終了になる様な事もあります。

快適レベルへの原状回復をどの程度まで依頼先の会社が追及しているかにもよりますが、より徹底したハウスクリーニングをしてほしい様な時には、原状回復工事等も一緒に行っている会社へ依頼するのも1つです。

後は、ハウスクリーニングを依頼した方が良いケースとして、家屋内に異臭が残っている様な時には特殊清掃を行っている遺品整理の会社へ依頼する事を考えた方が良いです。空気清浄機は空間に漂っている匂いは除去出来ますが、壁や室内に染みてしまった匂いは除去出来ませんし、芳香剤は別の匂いで現在ある匂いをカバーしているだけで脱臭出来ているわけではありません。

場合によったら、匂いの元になる畳や壁を撤去して新しい物に変える必要もあり、それには専門の業者の力を借りた方があらゆる意味で話が早くなります。困っている場合には、特にその辺りのポイントを意識する様にして下さい。

遺品整理士資格と優良事業者認定について

横須賀は広い町ですので、多くの整理業者が居ます。その中には悪い業者も残念ながら、一定数存在していますので仕事を依頼する場合には、遺品整理士の資格を持ったスタッフが会社に所属しているかを確認して下さい。

遺品整理士資格とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する資格であり、廃棄物やリサイクル品から、仏壇や位牌と言った物まで、遺品に関係する扱いに習熟した人に発行されます。突然の身内の死で、供養をどうしたら良いのか途方に暮れてしまう様なケースもあります。ですが、有資格者はそういった場合にも、相談に乗る事が出来ますので、片付けをするという面以外でも依頼者の助けになる事が出来ます。

認定団体は会社に対しても、優良事業者を認定していますので、依頼の場合には選択の基準として考えるのも1つです。 国家資格では無く民間資格ですので、資格を持たないでも、仕事自体は可能ですが、高額請求や遺品の不法投棄をしてしまう様な業者の問題もあります。

悪質ではない業者も勿論、沢山ありますが、遺品についての知識が無い場合は、廃棄物とリサイクル品という目で順に仕分けていく事が中心になってきます。故人との思い出や、感情的な部分への配慮がどうしても至らない事も出て来てしまいますので、その点を考えるならば、やはり有資格者が在籍している会社を選ぶ事をお勧めします。

 

遺品整理の現場の状況によっては、個人でのハウスクリーニングも可能ですが、ゴミ屋敷化していたり自死や孤独死等の特殊な事情がある場合はプロに依頼した方が良いです。

無理をすると事故も発生しますので、難しいと感じた場合には即相談をお勧めします。後は、その時には遺品整理士資格を有するスタッフの在籍と、優良事業者認定がある事を確認しておく理想的です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧