横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

ご先祖様の仏壇や位牌の処分はどうしたらいい?

横須賀のように一定の人口がいる都市では、大きな住宅に住める人は限られているので、設置すると永続的にそこに置くことになる仏壇は転居の際に問題になるでしょう。

仏壇をそのまま捨てていいのかわからない人もいるので、処分する場合には適切な方法を行う必要があります。

仏壇や位牌などを処分することができるのか

ご先祖の供養のために所持している仏壇は原則的にはそのまま安置しておくのが通常ですが、仕事などの関係で住居を移転しなければいけない場合に、転居先に安置するような場所が確保できなければどうすればいいのか悩むでしょう。ご先祖様を供養する時に必要になるので処分などできないと考える人が多いのですが、適正な方法を行えば対応することができます。

まずは檀家に入っていれば菩提寺に相談してみて、どのような方法を実行すればいいのか確認してください。菩提寺がなければ粗大ごみとして廃棄するか、専門業者に依頼して引き取ってもらうという方法があります。

仏壇を粗大ごみのように自治体に回収してもらえるのか疑問を持つ人もいるでしょうが、自治体が定める回収方法のルールを守っていれば回収してもらえるので、不安であれば横須賀在住の場合は市役所に問い合わせるといいでしょう。

そのまま回収場所に出すのは抵抗があるという人の場合は、粗大ごみを専門に回収する業者に依頼することもできます。この業者には横須賀のような大きな街ではゴミになったものを回収するところと、仏具などを専門に扱っている業者がいますが、どちらを利用しても基本的には大丈夫です。

問題なのは仏具を廃棄する際には魂抜きという作業を行いますが、ゴミとして回収する業者であれば行ってくれるかわかりません。

この魂抜きは仏具に宿ったご先祖の魂を抜き取り、単なる家具として扱うという目的に行われています。気にしないのであれば行わなくてもいいのですが、ご先祖様のことを考えれば魂抜きを行ってくれる業者に依頼する方がいいでしょう。

位牌などの仏具の処分方法はどうすればいいのか

仏具には蝋燭を立てる燭台や線香を立てる用具など数が多くなっていますが、位牌以外は所定の方法を行うことで廃棄することもできます。実際に古くなったり破損してしまえば、新しく購入して以前のものはどこかに収納するか廃棄することになるでしょう。

このような仏具は金属製と木製がありますが、自治体でも回収してもらえるので、指定の区分けを行った後に出してください。仏具は仏壇のような魂抜きを行なわなくてもいいのですが、気になるのであれば行っても問題はありません。

ただし位牌だけは処分をしないでください。

位牌というのはお墓と共にご先祖そのものという位置付けになっていて、それほど大きくないので保存するのが原則です。位牌には戒名が記載されていますが、これはご先祖が人間としての一生を終えて死後の世界に旅立つ時の名前になります。

位牌というのはとても重要な仏具であるので、やむを得ない事情で紛失してしまう場合を除き、残された家族や親族が大切に保存するのが一般的であり、それを自らの意思で廃棄するのは許されないでしょう。

自分がこの世に存在するのはご先祖様がいたからであり、人間としての一生を終えてしまったとしても、感謝の気持ちを忘れてはいけません。位牌は飾っておくのが原則ですが、どうしても置く場所がなければ丁寧に包んで収納してもいいので、どのような方法でもいいので残すようにしてください。

遺品整理で必要でない物品はどうすればいいのか

遺品整理とは死亡した人が使っていた所有物をそのまま使うか処分するかを決めることであり、遺品整理に関しては残された関係者の自由意志で選択ができます。現金などの利用価値の高いものであればそのまま受け取るでしょうが、特に必要が無いものについては記念として残すのか、利用価値が無いので廃棄するのか決めることになります。

このような遺品整理は横須賀のような都会では専門業者がいるので、自分でできないのであれば依頼すれば適切な対応を行ってもらえます。この場合には全てを業者に任せることもできますが、死亡した人の関係者が明らかであれば立ち合いを求められるのが一般的です。

これは勝手に廃棄して後でトラブルになることを防ぐためであり、どうしても関係者が見つからない場合は遺品整理したものを一時的に保管し、しばらく待ってみて関係者の名乗りがなければ、そのまま処分することもあります。

この遺品整理は基本的には死亡した人の関係者からの依頼で行いますが、誰もいなくて賃貸物件であれば物件の所有者や管理者が依頼を行い、一戸建てでは自治体が処分を依頼することもあります。

この遺品整理は特殊清掃人という肩書きで行っている業者もあり、整理と並行して掃除にも対応してくれるので、賃貸物件の建物では特殊清掃人で依頼することも多いでしょう。現在は一生涯を独身の人が多くなっていて、遺品整理も業者が行なう割合がとても高くなっています。

 

仏壇や位牌などの仏具は日常的に使われる家財とは異なり、その対応は慎重に行わなければいけません。自治体でも通常の廃棄物として取り扱ってくれますが、人間の心情として雑に扱うと悪い印象を与えてしまうでしょう。

適切な対応を取るのが当然であり、そのための方法も構築されているので、努力することは惜しまないようにしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧