横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評 判、費用相場などの情報も交えて紹介しています。

遺品整理を行うべき時期は?遅くなると相続税の控除が受けられない!


自分の身近な人が亡くなった場合、お葬式などで忙しくなります。それに加えて、遺品整理を行う必要もあります。遺品整理をどんどん引き伸ばしてしまうと、相続税の控除が受けられなくなるなど弊害が出てしまうことがあるのです。遺品整理を行う時期と相続税の関係性について知っておくことは大事なので内容を紹介していきましょう。

遺品整理を行うべき時期

遺品整理を行うべき時期について詳しくない方は多いでしょう。遺結論からすれば遺品整理を行うべき時期に明確な規定はありません。しかし、時期としては49日を迎えた後や葬式や諸手続きが完了したときに行われることが多いです。

■49日後に行うのは?

49日後に行うのは仏教の慣しに沿っている人が多いからです。49日が終わるまでは,他の作業を行わないという習わしに従うことが一般的には多いので、この49日が終わるまでは遺品整理も行いません。また、49日のときには遺族が多く集まるので親族間で遺品整理について話し合いをする機会もあります。このタイミングで細かいことの方向性も決まるので、49日の終わりで遺品整理を行うことが多いです。

■葬式や諸手続きが終わった後

葬式や諸手続きが終わってから遺品整理を行うこともあります。もし、故人が賃貸に住んでいた場合は葬式後直ぐに遺品整理をしなくては賃貸料の問題が発生するからです。また近親者が亡くなれば死亡届に光熱費などの手続きなど、整理しなくてはいけない諸手続きも多いので、先に済ませておきたい手続きを処理してから遺品整理をすることを選択する人もいます。このように遺品整理は家族によって取り掛かるタイミングに違いが生じます。すべきことが多いため、遺品整理は後回しにされがちですが、早めに遺品整理を終わらせることで、後々出てくるデメリットを防ぐことができるのです。

■遺品整理と相続税の関係

遺品整理はどのタイミングから始めても大丈夫ですが、相続税に関係してくるので早めに行うことが大事です。遺品整理を行うと故人のものを親族が引き継ぐことになります。そのため、引き継ぐものにとっては相続税が課税されるので、相続税を税務署に提出するためにも遺品整理を行うことが必要です。遺品整理と相続税の関係は以下のようになっています。

相続税の申告は10カ月以内に行う

相続税を算出するには相続する財産の金額を知らなければ申告できません。故人の遺言などにより各親族の情報がまとめられていれば、遺品整理をしなくても相続税の申告を行えるので慌てる必要ないでしょう。しかし、別居している場合や置き場所がわからない場合には、遺品整理を行って把握しなければなりません。相続税の申告は10カ月以内に提出する必要があるので、期限に余裕はありますが、この期間を過ぎると相続税の控除を受けられないこともあるので注意しましょう。

■相続税の基礎控除とは

相続税には基礎控除というものがあり、これは一定額以下略の遺産を相続した場合は相続税がかからなくなることです。相続税の基礎控除は4800万円であり、この金額以上の方は相続税の申告が必要になります。そのため、遺品整理をしたときに遺産相続が4800万円を超える場合は、この基礎控除を利用した方が相続税を安くできます。遺品整理をしてみないと自分が相続する金額はわからないので、早めに遺品整理をしておくことが大事です。

賃貸の場合は家賃、持ち家の場合は固定資産税が発生する

遺品整理をするときに、故人が賃貸に住んでいることや持ち家を持っているなら、それぞれに合わせて費用が発生することになります。そのため、遺品整理を早く行わないと無駄な出費を払わなければならないことがあるので、注意が必要です。

たとえば、故人が賃貸に住んでいた場合は家賃が発生してしまうので、賃貸を早く解除しないと毎月家賃を支払うことになり、出費が生じます。また、持ち家なら固定資産税がかかり不動産の規模によってはかなりの金額を支払わなくてはいけません。

もし不動産を売却する予定だったとしても、期日が遅れることで支払いを命じられることもあります。遺品整理の際に故人の不動産関係の契約がどうなっているのか早めに確認しないと、どんどん支払う費用が発生することになるので、気持ちの整理がついたら遺品整理を行うようにすることがおすすめです。できる限り早めに行いましょう。

 

遺品整理と税金などの費用について紹介しました。遺品整理は早めに行っておかないと相続税の控除を受けられないこともあり、また不動産関係の場合は手続きを行わないことで家賃や固定資産税が発生することになります。無駄な出費を防ぐためにも、できる限り遺品整理は早めに終わらせましょう。

そのため、遺品整理にまで手が回らずに放置しておくと自分たちの資産や出費が知らないうちにに発生して遺産が減ることになります。気持ちの整理がつかないときに無理に行う必要はありませんが、できるだけで早めに行うことを覚えておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選

イメージ
サービス名
会社名
横須賀遺品整理サポート
(PROCESS)
遺品整理プログレス
(株式会社プログレス)
レコプロ
(Recopro合同会社)
みらいプロセス
(合同会社エコリア)
キーパーズ
(キーパーズ有限会社)
おすすめポイントお得な料金!遺品整理の実績も豊富専任スタッフが質の高い幅広いサービスを提供臨機応変かつ丁寧に真心を込めて遺品整理を行ってくれる丁寧かつスピーディー、高品質・安心のサービスを提供遺品整理サービス専門会社のパイオニア
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選一覧はこちら