横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評 判、費用相場などの情報も交えて紹介しています。

PCやスマホのデータなどネット上のデータも遺品整理できる?

最近は、高齢者でもPCやスマホを使うことが増えており、誰でもデジタルデータを気軽に扱えるようになっています。しかし同時に、故人が残したデジタル遺品の処分や扱いをどうしたらいいのかという問題も起こっているのです。そこで今回は、デジタル遺品とは何か、本人が生前にできる対策、そして遺族にできることについて紹介します。

まずは「デジタル遺品」について知っておく

「デジタル遺品」とは、故人が生前に使用していた電子データのことであり、PCやスマホ内のデータや、インターネット上に残されたデータなどがあります。PCやスマホ内には、画像や文書、住所録などが記録されていますし、インターネット上にはSNSや電子口座などの各種オンラインサービスの情報が残っているといえるでしょう。

遺品整理というと、故人が集めていた物品や株などの資産を思い浮かべる人も多いでしょうが、上記のようなデジタルデータも整理の対象になるのです。しかしこうしたデジタル遺品は、物としての形がないということもあって、自分が亡くなった後にどうするかをあまり考えないまま放置されるというケースが多く、それがトラブルの原因になることも少なくありません。

よくあるトラブルとしては、パスワードが分からないせいでそのデータを処分できず、整理が進まないということが挙げられます。そして、オンライン決済をするサービスを利用していた場合、亡くなった後も契約が解除されずにお金を払い続けるというトラブルもあります。

さらに、家族に知られたくない画像などのデータがそのままになっていると、それを目にした家族のほうも気まずい思いをするということもあるでしょう。また、デジタル遺品には多くの個人情報が含まれているので、それが流出すると大きな問題になることもあります。

本人が生前に行うデジタル遺品の対策

デジタル遺品は、そのまま放置しておくとさまざまなトラブルを起こす可能性があるため対策が必要ですし、もちろん遺品整理をすることもできます。本人が生前に行える対策としては、まず「パスワードやIDの管理をしっかりしておく」ということが挙げられます。パスワードが分からないと遺族が整理を進められなくなるため、そうした情報をエンディングノートなどに書き出しておくとよいでしょう。

また、遺族にあまり知られたくないサービスを利用している場合は、早めに契約を解除しておくことも必要になります。

次に挙げられる対策は、「見られたくないデータがある場合は自動削除ファイルを利用する」ということです。自動削除ファイルというのは、パソコンを一定期間起動させない状態が続くと自動的にデータを削除するものであり、見られては困るデータがあるときに便利でしょう。

さらに挙げられる対策は、「SNSのアカウントを持っている場合は、できるだけ生前に退会しておく」ということです。SNSはプライベートな使い方をすることが多いので、遺族もそのことを知らない場合が少なくありません。しかしSNSのアカウントを放置していると、乗っ取りやなりすましによって悪用されてしまうこともあるため、生前に整理しておいたほうが無難でしょう。

また、デジタル遺品を扱う専門業者に生前依頼しておくと、亡くなった後に、消去したいものと遺族に残したいものを分けてもらうことも可能です。

遺族ができるデジタル遺品の整理

デジタル遺品の整理で遺族ができることとしては、まず「オンラインサービスのパスワードの解除」が挙げられます。故人がパスワードを知らせないまま亡くなることも多いのですが、その場合は、遺族が申し出ることでパスワードの解除が可能なケースも多いといえます。ですので、パスワードが分からないからといって放置せずに、まずはサービスの運営元に問い合わせをしてみるとよいでしょう。

次に挙げられるのは「電子口座を持っている場合」「オンライン決済をしているサービスがある場合」の解約です。とくにオンライン決済をしている場合は、利用者の申し出がない限り自動的に支払いが続く(無駄な出費が発生する)ことになるため、すぐに解約する必要があります。電子口座についても、比較的大きな資産が残っていると遺産相続でトラブルの原因になることがあるので、こちらも早めに整理しておきましょう。

以上のように、デジタル遺品の整理は遺族自身が行うことも可能なのですが、デジタル機器やインターネットに詳しくない場合や、忙しい場合などは専門業者に依頼するのもよいといえます。専門業者に相談すると、どう整理を進めていけばいいかというアドバイスももらえますし、安全で確実な方法によって整理をしてもらうことが可能です。

 

デジタル遺品とは、故人が生前に使用していた電子データのことであり、しっかりと整理をしておかないと、パスワードが分からないなどのさまざまなトラブルの原因になってしまう場合があります。本人が生前にできる整理の方法としては、パスワードの情報を遺族に分かるようにしておくことなどが挙げられるでしょう。

そして遺族ができることとしては、オンラインサービスのパスワード解除や解約が挙げられますが、自分の手に負えない場合は専門業者に依頼することも可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選

イメージ
サービス名
会社名
横須賀遺品整理サポート
(PROCESS)
遺品整理プログレス
(株式会社プログレス)
レコプロ
(Recopro合同会社)
みらいプロセス
(合同会社エコリア)
キーパーズ
(キーパーズ有限会社)
おすすめポイントお得な料金!遺品整理の実績も豊富専任スタッフが質の高い幅広いサービスを提供臨機応変かつ丁寧に真心を込めて遺品整理を行ってくれる丁寧かつスピーディー、高品質・安心のサービスを提供遺品整理サービス専門会社のパイオニア
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選一覧はこちら