横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

遺品整理と特殊清掃って何が違うの?

横須賀で故人の遺した物品や物件を整理しようと考える時には、遺品整理と特殊清掃が思い当たるかも知れません。この両者はどちらも故人の死後の手続きになりますが、似たように見えたとしても実際の作業内容や役割は全く異なるものです。

この記事ではこれらの違いとともに、その特徴や使われ方などを詳しく見ていくことにしましょう。

死後の処理における遺品整理か特殊清掃の判断について

人の逝去に伴って本人の持っていた権利義務などの一切は、相続されることになるのが一般的です。このために本人が生前に所持していた資産が、相続人などに引き継がれていきますが、ここで注意が必要なのが義務についても承継されると言う点となります。

この時に相続人においては、故人の権利義務を引き継ぐ際に多数の物品が存在していれば、整理したいと考えるはずです。必要なものもあれば、そうではないものもあるでしょう。これをプロの業者に依頼して行うのが遺品整理と呼ばれる作業です。

これに対して、特殊清掃は相続や遺産分割、遺品整理よりも優先的に行いたい処理となります。こちらは故人が孤独死をした時などで遺体の状態が思わしくなく、後始末が大変な時に利用される手段です。

孤独死などの特殊な亡くなり方ですと、発見がどうしても遅れることが少なくありません。その結果として遺体から生じた体液が床に染み込んだりして、後処理が難しくなりやすいのです。腐敗に際しては害虫が発生することもありますし、自殺されていた場合には血液が飛散するなど、凄惨な状態になっているケースもしばしば見られます。

つまり特殊清掃は遺体そのものを中心とした作業で、対して遺品整理は故人の持ち物を対象にしたものだと考えて良いでしょう。遺体が残っている時には前者、そうではなくて物品をなんとかしたい時には後者を選ぶと言うのが、判断基準となります。

特殊清掃が一般の方には難しい理由

特殊清掃は特に法的に定められた義務ではありませんから、ご遺族の方が自身で行える範囲なら、自ら実施して構いません。しかし実際にはこれは難しいことが多くなります。その理由は幾つかありますので、見ていくことにしましょう。

まず技術的に難しい状態になっていることが少なくありません。死後長時間が経過していたような場合では、床材に浸出液が染み込んだりして、通常の道具では処理しきれないケースが多いです。横須賀にある業者などでは専門のスキルと高水準の道具を用いますから、この点で頼りになります。

またショッキングな状態が予想されますので、精神的にも難しい面があるでしょう。人が亡くなると言うことは、一般的には精神的に負担が強いものです。それに加えて特殊清掃が必要な状態ですと、孤独死など胸を痛めるような状態になっていることと考えられます。これでは故人は積極的に何かをするのは、難しい面があるでしょう。

なお賃貸物件の場合には大家が専門家による清掃を希望するケースがあります。この場合は故人の原状回復義務を承継する形になるので、遺族としてはできるだけ元通りにする責任を負うわけです。大家の方では物件の運用を考えると、血痕やシミの他に匂いも残っている場合には、できるだけ遺族の責任で状態回復を希望してくると予想されます。このケースではやはり、プロへ依頼することになってきます。

特殊清掃が必要な場合の遺品整理は要注意

横須賀には沢山の遺品整理業者がありますが、特殊清掃が必要なケースに対応しているケースは多くはないでしょう。なぜかと言うと特殊清掃が必要なケースでは、遺品に関しても特別な配慮が必要な場合が多いためです。

特に遺体の損傷が激しいような場合でしたら、部屋中に腐敗臭が移ってしまっていることが珍しくありません。この匂いが遺品にも移っていると、通常の業者では作業できないことも多いのです。一般的な業者はゴミの片づけを中心にしていますから、血糊がついたり匂いがこびりついた物品の整理には対応していない可能性を考える必要があります。

したがって特殊清掃が必要になったケースでは、そのまま遺品整理も任せられる業者を選んだ方が、処理がスムーズだと考えられます。遺体の処理が終わって、他の物品の整理を任せる時に、ワンストップで依頼できる業者の方が圧倒的に便利です。

基本的に特殊清掃を得意とする業者でしたら、遺品整理に対応しているケースは珍しくありません。これらは多くの場合、どちらも必要になる作業なので、横須賀の業者でも両方に対応しているケースは探せるはずです。

依頼の際にはまずはしっかりと相談を行って、対応の善し悪しを見極めていきましょう。特殊清掃については何らかの資格が必要と言うわけではないので、経験が浅い人間が開業し、クオリティーに問題がある可能性があります。

 

遺品整理と特殊清掃の違いについて見てきました。作業内容自体は全く異なるものですが、遺体の状態が思わしくない時には、ワンストップで対応できる業者を探してみるのがおすすめです。一般的なハウスクリーニングでは対応できないので、専門業者をチェックしていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧