横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評 判、費用相場などの情報も交えて紹介しています。

悩まなくて大丈夫!悲しくて遺品整理が手につかないときの対処法


遺品の整理は、故人を思い出さないわけにはいきません。片づけなくてはと気持ちが焦ると、心身にストレスがかかってしまいます。遺品の整理は身内で行いたいと誰もが思いますが、ひとりで辛い思いを背負うことはありません。たとえ身内が誰もいなくても、遺品整理士のいる業者に依頼すれば、ていねいに仕分けしてもらえます。

大切な人が亡くなった悲しみを受け入れることが大切

近親者が亡くなったあと、「もっと優しくしておけばよかった」「よけいなことを言ってしまった」など自己嫌悪に陥って、まるで近親者の死の原因が自分の責任のように思われることがあります。しかし、この世に生を受けた限り人は、いずれはあの世に旅立つのです。それは誰のせいでもありません。無理に悲しみや寂しさを打ち消そうとせず、大切な人を亡くしたことを受け入れることが大切です。

紙に気持ちを書き出すなどが心の整理に効果的

大切な人が亡くなったあとは心の整理がつかないうちに、やらなければならないことが山ほどあります。まず、四十九日までにやるべき事務的なリストを紙に書きだし、目につくところに貼っておきましょう。気持ちの整理がつかなくてもやるべきことをやっているうちに、徐々に死を受け入れられるようになります。

次に悲しみや後悔に打ちひしがれそうな時は、今の気持ちを紙に書き出してみましょう。心の中で悶々としていたことも紙に書くことで吐き出すことができます。例えば、「父親はお酒が好きだったけれど、体に良くないと思い家にあるお酒を処分したとき、黙って涙を浮かべていた。どうせ亡くなるのなら好きなお酒を飲ませてあげればよかったね。お父さんごめんね」と書きます。

文章にすると、素直に心の内を吐き出すことができます。耳元で「謝ることなんてないよ。○○が私のことを思ってしたことだと私が一番よくわかっているから」と声が聞こえてくるに違いありません。たとえ親子でも夫婦でも、良かれと思って言ったことやしたことが後悔の種になることがあります。

逆に「お父さん余命いくばくもないのだからどんどんお酒飲んで」と言ったとします。それはそれで死期を早めたのは、私がお酒を飲ませたからと後悔してしまいます。どちらの行動が良いとも悪いとも言えないのです。とにかく遺された者は自分なりに心の整理をして、大切な人の亡き後も生きていかねばなりません。

孤独を楽しむ

大切な人を亡くした時、ついご近所の人や親しい友人などに闘病生活や死因などを話しがちですが、中には興味本位で根掘り葉掘り聞いてくる人もいます。嫌な言葉ですが「人の不幸は蜜の味」ともいいます。

話に尾ひれがついてうわさ話として語られる可能性も無きにしもあらず。亡くなった人にもプライバシーがあります。こと細かく病状や死因を他言するのは控えましょう。「人は一人で生まれて一人で死んでいくものです」遺された人は孤独を楽しむ勇気を持ってください。

遺品整理がつらいときは、いったん時間を置く

遺品の整理をすることで生きなおすパワーが得られることも確かですが、遺品整理が辛い時は、心が落ち着くまで時間を置くことも大事です。また、遺族が行いたい最低限度の遺品整理をした後は、業者に任せるのも悲しみを長引かせない方法の一つです。

遺族が早々にやっておきたいことは、まず遺言書の有無の確認です。遺言書に形見分けなどについて書かれていたら、勝手に処分するわけにはいきません。その他現金や土地家屋の権利書、有価証券、貴金属、骨董品などの確認と保管もしておきます。

本格的な遺品整理をする前に遺族がやっておきたいこと

大切な人の死亡後、死亡届を本籍地、または死亡地か届出人の住所地の市区町村役場に提出し、火葬許可証交付申請を本籍地または死亡地か届出人の住所地の市区町村役場に提出します。その後遺品整理をする前に健康保険証、高齢受給者証、介護保険被保険者証などの返却を市区町村役場でおこないます。

並行して厚生年金の手続きを年金事務所でおこないます。配偶者や家族が故人の扶養になっていた場合は、住所地の市区町村役場で国民年金や国民健康保険に加入します。故人名義のインターネットやスマホ、携帯電話、クレジットカードなどの契約の解約、電気、ガス、水道の契約者の名義変更をおこないます。賃貸物件などに住んでおり、早めに退居する場合はゆっくり遺品整理をする間もありません。

どんなに悲しみに打ちひしがれようと身内で以上のことだけはやっておきましょう。その後身内だけで片づけられない場合は、遺品整理業者や不用品回収業者などの利用を検討しましょう。

持ち家で急いで片づける必要はないが遺品が山ほどある場合

先祖代々続いた家などの遺品整理を行う場合は、何代も前からの遺品の整理もおこなわなければなりません。悲しみの中、体力も気力も続かない場合は、遺品整理士がいる業者に依頼すると、ひとつひとつていねいに仕分けしてもらえます。同時に買取りもしてもらえば、心身の負担も軽減されます。

ただ、身内の中には口だけ出す人もいて「勝手に親の遺品を売った」と後でトラブルになることもあるようです。そのような事態を避けるためにも事前に同意書をもらっておくことをおすすめします。

悲しい気持ちを整理するために心身をケアする

大切な人を亡くした後は、予想以上に心身ともにダメージを受けています。自分の気持ちを自分でケアする方法をいくつか知っておくと救われます。

長年のルーティンをくり返す

例えば毎日ラジオ体操をしていたとか、毎日30分のウオーキングを習慣にしていたなど生活上のルーティンがあったなら、なるべく早く日々の暮らしの中に再び取り入れましょう。毎日、遺品整理ばかり行っていたのでは、うつ的症状が出てくる恐れもあります。お稽古事などはしばらく休み、ひとりでできることを再開しましょう。

特に習慣化していた運動がない場合は、数を数えながら行う運動がおすすめです。数を数えなければならないとなると、脳は余計なことを考えていられません。青竹ふみや階段昇降など数を数えながら行うとよいでしょう。

また、簡単な気功法もおすすめです。気功の準備運動として行なわれるスワイショウには、腕を前後に振るスワイショウと腕を回転させ体に巻きつけるようにしておこなうスワイショウがあります。この動作を毎日、数を数えながら習慣的に繰り返しおこなっているうちに、不安や雑念が消えていきます。

その他にも適切な睡眠や食事を心がけ、心身ともに平常心に近づけば、再び遺品を整理する気持ちになれます。

 

多くの人が、大切な人を亡くした後の遺品整理は辛かったけれど、遺品整理をきっかけに再び生きなおすことができたとおっしゃっておられます。遺族に体力や気力がない場合は、プロの遺品回収業者や不用品回収業者に依頼する方法もあります。自分に合った方法で無理をせずに遺品整理を行いましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選

イメージ
サービス名
会社名
横須賀遺品整理サポート
(PROCESS)
遺品整理プログレス
(株式会社プログレス)
レコプロ
(Recopro合同会社)
みらいプロセス
(合同会社エコリア)
キーパーズ
(キーパーズ有限会社)
おすすめポイントお得な料金!遺品整理の実績も豊富専任スタッフが質の高い幅広いサービスを提供臨機応変かつ丁寧に真心を込めて遺品整理を行ってくれる丁寧かつスピーディー、高品質・安心のサービスを提供遺品整理サービス専門会社のパイオニア
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
横須賀のおすすめ遺品整理業者比較5選一覧はこちら