横須賀周辺でおすすめの遺品整理業者を比較!サービス内容はもちろん口コミや評判も交えて紹介しています。

遺品整理で出てきた現金は見つけた人がもらえるの?

相続人となった場合は遺品整理を行わなければなりませんが、整理中に現金が出てくることもあります。見つけた人がもらえると思っている人もいるかもしれませんが、この考え方は間違いです。

正しい取り扱いを知っていなければトラブルを引き起こす可能性があるので、お金が出てきたときの対応をあらかじめ確認しておくことが大切だと言えます。

遺品整理で現金が出てくることは多い

横須賀でも遺品整理を行う必要がある人は多いと思いますが、どこで整理を行っている場合でもお金が出てくることは意外と多いものです。故人が生前に遺産についてきっちりと取り決めを行っていたとしても、箪笥や引き出しの中に入れておいたお金の存在を忘れていることがあります。

いざというときに備えて家の中にお金を隠している人は少なくありませんので、意外なところからお金を発見することがあるかもしれません。他にも仏壇や台所から、電子機器を解体したときに発見されたという事例もあります。

封筒や包み、書類などが出てきたときには、中にお金が入っていたり挟まっていたりする可能性があるので、きちんと調べながら整理していくことが大切だと言えるでしょう。アルバムやノートの間に挟まっているケースもありますので、紙類は一枚ずつめくって間に何も挟まってないことを確認することが必要です。

しっかりと身の回りを整理してから旅立つという人もいますが、死が訪れるタイミングを予測することはできないので、整理していないまま旅立ってしまうことになる人も多いと言えます。様々な理由で遺品整理の際に現金が出てくることがありますので、見逃さないように作業を行うようにしましょう。

遺品整理で出てきた現金は誰のものか

横須賀でも遺品整理で出てきた現金が、誰のものになるのかということを正しく理解できていない人は非常に多いです。遺言状で相続する相手が指示されていないものなので、第一に見つけた人がもらえると考えている人は少なくありません。

ですが、この考えは間違っており、たとえ一番最初に見つけたとしても現金を自分のものにすることは不可能だと言えます。遺品整理中に出てきたものは、すべて財産として扱わなければならないという決まりがあるのです。

つまり、勝手に手を付けてしまうことは許されておらず、それどころか発見された現金は課税対象にもなってしまいます。少額であったり、他の相続人が現金の存在に気付いていなかったりするとき、内緒にしておけば自分のものにしても良いだろうと考える人もいるかもしれません。

しかしながら、故人が遺言状に書き忘れていると思われるお金であったとしても、後から現金の保管場所を記したメモなどが発見されてトラブルになる可能性もあります。

誰にも知られなければ大丈夫だろうと安易な考えで自分のものにしてしまうと、後から大きなトラブルに発展する可能性がありますので、現金を見つけたときにはすぐに報告を行い、財産の一部として扱うようにしてください。遺品整理を行うのであれば、出てきたお金を発見者のものにしてはいけないということを知っておく必要があるでしょう。

トラブルを防止するために出てきた現金は正しく取り扱うべき

遺品整理中にトラブルを起こさないようにするためにも、出てきた現金は正しく取り扱うべきだと言えます。

まずは遺品整理に参加するすべての人が、出てきたお金は遺産として扱うという共通認識を持つことが大切です。正しく取り扱うためにできる対策として、遺産目録を作ることがあげられます。

どのように遺産が分割されるか認識しやすくなりますし、整理中に出てきたお金を書き込むというルールを決めておけば、見つけた人が自分のものにすることを防ぎやすくなるでしょう。

あくまで発見者の良心に委ねられることになりますが、不要なトラブルを起こさないようにするためには、発見したお金を隠さずにみんなで共有することが大切だと言えます。遺言書がない状態で大量のお金が出てくるケースは少ないですが、突然亡くなってしまった場合などは遺言書が残されていないケースもあり、その状態で家の中から多額の現金が出てくるかもしれません。

そうなった場合も相続人で分割することになりますが、分割方法が指示されていないのであれば専門家に依頼することも視野に入れましょう。横須賀にも依頼することができる専門家が存在しています。

遺言書で相続割合が指示されていない場合はトラブルになりやすいので、ルールに基づいて専門家に分割してもらうことがおすすめです。遺品整理中に出てきたお金によるトラブルは少なくありませんので、正しく取り扱うことができるように心がけておきましょう。

 

横須賀で遺品整理を行う際も、発見された現金をどのように扱うべきか正しい認識を持っておくことが大切だと言えます。

本来は遺産として扱うべきものを、内緒で自分のものにしてしまうとトラブルになってしまうでしょう。専門家に相談することも視野に入れつつ、正しくお金を取り扱うことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧